Square Pipe Cutlery "QUTLERY" / 角パイプ型のカトラリー"QUTLERY"

 

This is a 120mm long cutlery stored in a square pipe. 長さ120mmの角パイプに収納できるカトラリーです。

ストーリー

This is a 120mm long cutlery stored in a square pipe.

長さ120mmの角パイプに収納できるカトラリー(cutlery)です。  

assemble
disassemble

We are looking for crowdfunding for the Stainless Steel "S6 Series" and "S8 Series".

今回のクラウドファンディングでは、ステンレス製の「S6 series」と「S8 series」を募集します。 

The QUTLERY "6 Series" is a lightweight, small-scale model that fits in 6mm tubes. It includes three pieces: a Steak Knife, Fork, and Chopsticks.

QUTLERYの「6 series」は、6mmのパイプを利用して小型・軽量さを実現したモデルです。「ステーキナイフ」「フォーク」「お箸」の3種類があります。究極的に軽く、小さいカトラリーが欲しい人向けのモデルです。このモデルのフォークは、少し繊細に扱う必要があります。現在開発中の「8 series」は8mmのパイプを利用した、軽さと頑丈さのバランスを取った日常使いモデルです。「ステーキナイフ」「フォーク」の2種類があります。「6 series」のナイフやフォークよりも大きいので、食べやすくなっています。

This Steak Knife was sharpened at the smithing workshop Yoshisada, established 360 years ago in Kyoto, Japan.

Because the craftsmen manually sharpen them one by one, the end result has all the beauty of a Japanese sword.

Although it is small in size it is incredibly sharp. It is of course capable of cutting through steak, and it can even cut through a cob of corn.

Should its sharpness ever begin to dull, it can be restored using any commercial knife sharpener.

このステーキナイフは、日本、京都にある創業360年の鍛治工房「義定(よしさだ)」で研がれています。職人がひとつひとつ、手作業で研いでいるので、日本刀のような美しさに仕上がります。小さなステーキナイフですが切れ味はとても良く、ステーキはもちろん、硬いトウモロコシなども切れます。もし切れ味が悪くなってきたら、市販のナイフシャープナーで研ぎ直すことが出来ます。 

The Fork's tongs are packed like a spring and designed to expand. When you want to put it away, you compress them with your fingers to fit back into the pipe.

The spread of the tongs makes it great for salads, and makes it easy to twirl pasta onto. It is very convenient for eating.

このフォークは、先端がバネの仕組みで広がるように設計されています。収納する時は先端を指で縮めてからパイプに戻します。先端が少し広がることで刺したサラダなどが落ちにくくなったり、パスタを巻きやすくなり、食べやすくなります。 

The Chopsticks contain an extra tube and tip section inside. Once assembled they can be used as normal chopsticks.

The process can be reversed to store them. You first disassemble them and combine the pipes, then you place the tips in on opposite ends.

この箸は、パイプの中にもう1本のパイプと先端パーツが収納されています。組み立てると箸として使用できます。収納は逆の手順で行います。まずは、すべて分解してパイプを挿入します。そして先端パーツを、それぞれ逆方向から、互い違いに挿入します。

 The Chopsticks are made up of a combined 6mm pipe and 5mm pipe. They are designed for the thicker pipe to remain fixed while you move the smaller one.

この箸は、6mmのパイプと5mmのパイプの組み合わせです。持ち方は、太い方を固定し、細い方を動かして使います。

The slender tips of the Chopsticks are their defining trait, and have a pleasing texture. Even though they are thin they can handle soft foods like tofu without issue, which compliments their ease of use.

箸先端が細いのが特徴で、口当たりが良く、美味しく感じます。先端が細くても、豆腐のような柔らかいものも簡単に掴め、使いやすさも両立しています。

The ends stay off the table no matter how you place them down, so they remain sanitary even when you don't have a chopstick rest on hand.

向きを揃えてテーブルに置くと、先端が浮くので、「箸置き」がない時でも衛生的です。 

Furthermore, by combining the two Chopsticks you can create a skewer. Perfect for roasting marshmallows!

The thermal conductivity of Stainless Steel and Titanium are only a fourth of iron, and a tenth of aluminum, so they stay cool to the touch even when used as skewers.

*Although they can be used as skewers, placing them in fire for an extended period of time may risk deformation.

また、お箸同士を連結させる事で「串」として利用する事も可能です。焼きマシュマロにピッタリですね!ステンレスやチタンの熱伝導率は、鉄の1/4、アルミの1/10程度しかないので、串として利用しても熱くなりにくいのが特徴です。

※串として利用できますが、長時間火の中に入れないでください。変形の恐れがあります。

Basic 

Option

List

S6 & S8 ( prototype )

リスクと課題

The steak knives are made by blacksmiths in Kyoto. If there is a large order, processing may be delayed. If it's going to be late, we will process it in other blacksmith factories in Japan. For example, Sakai (Osaka), Seki (Gifu) and Tsubame-Sanjo (Niigata) are famous production areas for Japanese swords and kitchen knives. Don't worry, the quality won't go down. :-) In the unlikely scenario that unexpected delays arise, we will maintain clear and open lines of communication with our supporters to keep them informed. ステーキナイフは、京都の鍛冶職人が作っています。もし大量の発注があると、加工が遅れる可能性があります。 もし遅れる可能性があるのであれば、日本のその他の鍛冶工場で分散して加工致します。例えば、堺(大阪)、関(岐阜)、燕三条(新潟)など日本刀や包丁で有名な産地です。品質が下がることはないので安心してください。 万一、予期せぬ遅延が発生した場合には、支援者の皆様への情報提供のため、明確かつオープンなコミュニケーションを維持します。